霞ヶ浦一周 2016年走り納め 2016.12.30
ここに地図を貼り付ける
チェックポイント
大きな地図で霞ヶ浦・外浪逆浦・北浦を見る
 今年は夏から秋にかけて天気がぐずついた上に秋が深まっても台風が来たりとサイクリングには絶好の季節が天気でダメになった事が多かったですね。 そんな2016年ももうすぐ終わり。走り納めは去年に続いて霞ヶ浦をぐるっと一周することにしました。霞ヶ浦と言えば、湖を一周するサイクリングロードの整備を 本格始動しますとの宣言が県?から出されて、一般から意見を募集したり、いくつか改修された場所もありました。今回せっかく一周するので改修して欲しいなと 当方が勝手に思っている場所の最新の状態をチェックして周りたいと思います。
DSCN91644.JPG
 
DSCN91645.JPG
 
DSCN91646.JPG
 
DSCN91648.JPG
 
DSCN91649.JPG
 
DSCN91650.JPG
 
misakashita_map_20161230
メインマップの「(1)」の辺りを拡大したもの
 
DSCN91653_1120.jpg
阿見坂下交差点  
DSCN91655_1120.JPG
整備されたサイクリングロードへの入口  
DSCN91656.JPG
 
DSCN91657.JPG
 
DSCN91658.JPG
こちらは霞ヶ浦サイクリングロードの整備とは関係ないのですが、  
DSCN91659.JPG
小貝川サイクリングロードと霞ヶ浦サイクリングロードとを結んでいる抜け道の  
DSCN91660.JPG
霞ヶ浦側の端です。工事中で通れなくなったので記録のため写真を撮りました。  
DSCN91661.JPG
 
DSCN91670_1120.jpg
空が青ければこんな風に綺麗に見える場所が結構あります。  
DSCN91674.JPG
 
DSCN91675.JPG
こちらはメインマップの(2)の辺りにある展望台  
DSCN91676.JPG
 
DSCN91677.JPG
 
DSCN91678.JPG
 
DSCN91679.JPG
 
DSCN91680.JPG
メインマップ(3)の辺りにあるセブンイレブン稲敷古渡店  
DSCN91681.JPG
おや?  
DSCN91681_1120.JPG
田んぼの中に石が並べてあるように見えますが、  
DSCN91682.JPG
拡大してみると干草を固めたもののようです  
DSCN91683.JPG
 
DSCN91684_1120.JPG
メインマップ(4)の辺りにある長さ数十メートルの非舗装区間  
DSCN91685_1120.JPG
50mくらいなのですぐに終わります。その先は綺麗な舗装路。  
DSCN91686.JPG
 
DSCN91687.JPG
対岸の白帆の湯が見えました。  
DSCN91688.JPG
 
DSCN91689.JPG
稲敷大橋  
DSCN91690_1120.JPG
 稲敷大橋西交差点。ほとんどのサイクリストがここで左折して稲敷大橋を渡り、 橋より南側の部分をショートカットしますが、この先の部分も霞ヶ浦の一部なので当方は直進します。  
DSCN91691.JPG
 
DSCN91692.JPG
 右の道は浮島地区のレンコンロード。道沿いにレンコンの無人販売が沢山あります。  
DSCN91693.JPG
浮島地区の蓮田  
DSCN91695.JPG
 
DSCN91696.JPG
 
DSCN91697.JPG
 
DSCN91698_1120.JPG
メインマップ(5)付近の非舗装区間  
DSCN91699_1120.JPG
 ほら、ちゃんとここも霞ヶ浦です。ところで今まで仮称だった水郷筑波サイクリングロードの正式名称が 「つくば霞ヶ浦りんりんロード」に決まり整備計画が進み始めていますが、茨城県のサイトに「つくば霞ヶ浦りんりんロード」 コースに関するお知らせと言うページがあり、コース中で湖岸から離れた所を迂回する必要がある箇所を ピックアップし、迂回路を示しています。「湖岸から離れた所を迂回する必要がある」というのは、湖岸に公共施設や私有の施設 があってそもそも通れない場合や、非舗装(ページでは「未舗装」と書いてあるので舗装する計画があるのかな?)のため 安全に走行できないからというのが理由です。「未舗装」箇所として先ほど通過したメインマップ(4)の数十メートルの区間や この先にあるメインマップ(6)の右岸0キロポスト手前の700mの区間、この先走るいくつかの区間についても挙げられていますが、 ここ右岸5km付近だけは挙げられていません。先ほども述べましたが、稲敷大橋でショートカットする人が多いのでコースの一部として (県は)認識していないようです。この稲敷大橋より南側の区間を含めるとコース長が3.5km長くなるので是非とも含めて欲しいところなのですが。  
DSCN91700_1120.JPG
稲敷大橋の東側。手前20メートル位?から舗装されています。  
DSCN91701_1120.JPG
さて、ここは右岸0キロポスト手前700mの非舗装区間。ここが舗装されていないのはすごく不思議なのです。何か理由がありそうですね。  
DSCN91702_1120.JPG
非舗装区間の終わり。左の水門の先に右岸0キロを示す看板が見えます。  
DSCN91703.JPG
 
DSCN91704.JPG
北利根橋  
DSCN91705_1120.JPG
 北利根橋を渡って左折、立体交差になっている国道51号線をくぐってすぐの小路を入った所。左に見えるのは国道51号線です。 先ほどの「つくば霞ヶ浦りんりんロード」 コースに関するお知らせにある「F水郷北斎公園(潮来市牛堀)」で示されている推奨コースはもう一本上流寄りの道で湖岸の道に アプローチするよう示されていますね。北利根橋の歩道を通った場合(北利根橋は交通量が多く路肩がほとんどないので自動車と一緒に車道を走ると結構怖いです)、 こちらの道の方が都合が良いのですが。  
DSCN91706.JPG
 
DSCN91707.JPG
 
DSCN91709.JPG
しをみさんでの今年の食べ納めは、  
DSCN91714.JPG
 鳥のから揚げ付きカレーライス。から揚げ弁当についてくるようなものを想像していましたが、 骨付きのもも肉丸ごとでした。  
DSCN91715_1120.JPG
しをみさんから程近い左岸6キロ付近からの眺め。空気が澄んでいたので筑波山まで綺麗に見えます。  
DSCN91716_1120.JPG
少し拡大したもの。私のお気に入りの場所です。  
DSCN91717.JPG
 先ほどの場所から少し行った所で、大きな望遠レンズを構えていた方が居たので話しかけてみると、 富士山を狙っているとの事。指差す方向を見てみると、確かに見えます!霞ヶ浦のこんな南の方から 富士山を見たのは初めてです。  
DSCN91718.JPG
左岸8〜10kmの直線区間  
DSCN91719.JPG
 
DSCN91720.JPG
 
DSCN91721_1120.JPG
行方観光物産館の裏手の浜から。  
DSCN91722_1120.JPG
そこからほんの少し上流に行った所。こんなメインの施設の近くにも非舗装区間があります。 ここを舗装しないのには何か理由があるのかと思ってしまいます。  
DSCN91723.JPG
 先ほどの非舗装区間を進むと梶無川の河口にぶつかります。見えているのは梶無川の河口から 一番近い高須崎橋です。  
DSCN91724.JPG
高須崎橋を渡って左折、  
DSCN91725_1120.JPG
 梶無川の右岸の下流方向。ご覧の様に非舗装です。「つくば霞ヶ浦りんりんロード」 コースに関するお知らせでは、「A道の駅たまつくり」で指摘されています。そこでは高須崎橋を渡ったら梶無川沿いを走らず直進して田んぼの中の道を迂回するよう示されています。  
DSCN91726_1120.JPG
 少し進んでみると、おや?路面が平らにならされていますし、左には杭が立てられています。いよいよ舗装されるのかな?期待大ですね。しばらくしたらまた様子を見にくることにします。  
DSCN91727.JPG
 霞ヶ浦大橋より北側は南側に比べて見かけるサイクリストの数が格段に少ないです。霞ヶ浦大橋でショートカットして土浦方面へ向かうケースが多いのでしょう。でも 北側はご覧の様に路面の状態が良く、景色もなかなかです。  
DSCN91728.JPG
 
DSCN91729.JPG
 
DSCN91730.JPG
高浜の愛郷橋が遠くに見えてきました  
DSCN91731.JPG
 
DSCN91732.JPG
ココストアでなくなったコンビニエンスストア  
DSCN91733.JPG
 
DSCN91734.JPG
 
DSCN91735.JPG
 
DSCN91736.JPG
 
DSCN91737_1120.JPG
 愛郷橋を渡り終えた所。右側から恋瀬川サイクリングロードが始まりますが、愛郷橋の工事(歩道部分)がまだ終わっていないため 直接サイクリングロードへは入れません。  
DSCN91738_1120.JPG
左折した所。ここにも非舗装区間があります。「つくば霞ヶ浦りんりんロード」 コースに関するお知らせでは、「@愛郷橋付近」で指摘されています。  
DSCN91739_1120.JPG
この非舗装区間はコース中一番長いです。約1.5kmあります。  
DSCN91740_1120.JPG
 
DSCN91741.JPG
中岸の直線区間。約1.2kmあります。  
DSCN91743.JPG
 
DSCN91745_1120.JPG
 霞ヶ浦大橋の西側。ここは交通量が多くて横断するのにちょっと苦労します。実は右側に立体交差があるのですが、国道354号線をくぐった後、湖岸の道へ上がれるように なっていません。ほんのちょっとの事なんですけどね。  
DSCN91746.JPG
歩崎公園(土浦駅まで残り約20km)に寄ってトイレ休憩  
DSCN91748.JPG
 
DSCN91749.JPG
 ここの公園には昨年まで物産館がありましたが、それが無くなり代わりにおしゃれなレストランが出来ました。  
DSCN91750.JPG
訪れた時は残念ながらラストオーダーを過ぎていました。  
DSCN91751.JPG
物産館と一緒に撤去された自動販売機も復活。  
DSCN91752.JPG
 
DSCN91753.JPG
 
DSCN91754.JPG
夕方になり風が強くなってきました。  
DSCN91755.JPG
 
DSCN91756.JPG
 
DSCN91758.JPG
この付近から潮来(北利根橋)方面を望むと  
DSCN91759.JPG
 水平線の向こうに丘などがなく空だけが見える箇所があります。南東方向なので時期に寄っては 海の様に水平線に登る朝日が見れますね。  
DSCN91760.JPG
と、こちらは夕日。  
DSCN91761.JPG
 その右側に薄っすら富士山が見えます。もしかしたらダイヤモンド富士になるかなと思ってその場で日没を待ったところ、  
DSCN91763.JPG
 残念ながら少し左側でした。日が沈んで土浦方面へ500m程進むと三脚でカメラを構えている人が 沢山。話しかけて撮った写真を見せていただくと、その方の撮った物はばっちり頂上に太陽が 沈んでいました。もう少し移動すればよかった。  
DSCN91766.JPG
 
DSCN91767.JPG
 
DSCN91768.JPG
 
DSCN91769.JPG
 
DSCN91770.JPG
 
DSCN91771.JPG
 
DSCN91772.JPG
 
DSCN91773.JPG
 
DSCN91774.JPG
 
 非舗装区間の現状を確認しながらレポートしましたが、変化があるとすれば来年以降のようですね。早く走行環境が良くなって、 しまなみ海道のように沢山の人が走りに来てくれるようになると良いのですが。そうすれば「茨城は何もない」なんて言われることも なくなるでしょう。

 2016年もいろんな所に走りに行きましたが、走りに行ったこと以外にも大きな出来事がありました。遠出を目的に23年前に購入した愛車ですが、 とうとう大きな故障が出たのです。気がついたのは3月下旬。後輪の中空シャフトが折れていました。知らずに白馬へ走りに行って白沢同門に上ったりしましたが、 よく事故にならずに済んだものです。ネットで寸法の合いそうな部品を探して交換しましたが、しばらく乗っていると玉押しが緩んでしまうという症状が繰り返され だましだまし乗っていましたが、11月の終わりに花園渓谷へ走りに行った際、とうとうボールベアリングのワンに傷が出来てしまい走行に適さない状態になってしまいました。
 私のクロスバイクもどきは古いためスプロケットはボスフリー式。交換するにも工具の入手が困難です。さらに購入してから一度もホイールを交換せずに乗り続けたため、 リムのブレーキシューがあたる部分がかなり磨り減っていました。そんな訳でそろそろ潮時と思い、思い切ってホイールごと交換することにしました。カセットフリーはもちろん流行のカセットフリー式。 自動的にスプロケットとチェーンも新しいものと交換ということになりました。

 ところで、2016年走り納めのレポートは書き終えましたが、2016年は走るだけ走って撮るだけ撮ってレポートしていない コースが沢山残ってしまっています。年が明けたら本腰を入れて処理して行きたいと思います。と、年が明けてこのレポートを書いています。 2017年1月下旬
presented by bm-stdio(こちら地下工房)